メンテナンスの一つである外壁塗装で気を付けなければいけないこと

住宅街

外壁塗装を頼むにおいて

一軒家

私が外壁塗装を頼むタイミングは、基本的には外壁にクラック等は入っていないもののかなり汚れてきてからかつ、前回の塗装から15年以上経った時です。何故かというと、外壁が色が変色するなど、かなり汚れてきた時は保護のコーティングが剥がれてきたあたりであり、そろそろ外壁塗装をしないと家の寿命に大きく影響してくるという合図であるからです。クラックが入っている状況で初めて塗り替えるのでは、雨が染みこむなど相当家の状態が悪化している可能性が高く、家の寿命がかなり下がってしまいます。前回からの年数については、10年程度で外壁塗装をすると次の塗り替え費用額面できない可能性があるためです。
また、塗料についてですが、基本的には値段の割には耐久年数が高いシリコン系の塗料を頼みます。ただし、気づかなかったクラックが発生してしまっている場合にはウレタン系塗料で厚塗りしてもらうと思います。地震などによるクラックが全くないという好条件であれば、高耐久性のフッ素系の塗料を選択しますし、畑の横かつ台風が多いなど極端な悪条件の場合にはすぐ汚れることを考えて低価格なアクリル系塗料を選択します。家の置かれる環境は、周りの土地所有者の変化によってもかなり左右されるので、その都度塗料も変えていく必要があると思います。

recent entry

news

NEW2016/06/06
外壁塗装を頼むにおいてを追加しました。
NEW2016/06/06
外壁塗装の安い塗料のメリットデメリットを追加しました。
NEW2016/06/06
外壁塗装はどうして行うのかを追加しました。
NEW2016/06/06
外壁塗装の道具の揃え方を追加しました。

≫ 記事一覧へ

TOP